水素水の効果は驚きが満載│今話題の水は素晴らしい

カップル
このエントリーをはてなブックマークに追加

食物繊維と一緒に摂取

飲料と夫婦

単体で摂取するより効果的

ケールや明日葉など、葉菜類を使って作られている青汁には、ビタミン類やミネラル類、食物繊維が豊富に含まれています。そして昨今では、これらに乳酸菌を加えた青汁が販売されるようになっています。乳酸菌は、整腸作用があることから、サプリメントなどでよく摂取されています。そして食物繊維には、この乳酸菌を増やす力があるのです。つまり乳酸菌を単体で摂取するよりも、青汁と一緒に摂取する方が、高い効果が期待できるということです。なぜ食物繊維によって乳酸菌が増えるのかというと、食物繊維が乳酸菌の材料となるからです。また、食物繊維によって腸内の悪玉菌が減少するので、それによって乳酸菌が腸内で活動しやすくなることも、理由のひとつとなっています。

人肌程度に温めた飲み物

青汁は、粉末タイプになっていることが多く、飲む際には水などに入れて混ぜることが必要となっています。水以外にも、牛乳や豆乳やフルーツジュースなど、基本的には好きな飲み物に混ぜて飲むことができます。ところが乳酸菌が加えられている青汁に関しては、熱い飲み物に混ぜることはできません。なぜなら乳酸菌は菌の一種なので、熱に弱く、50度以上に加熱すると死滅してしまうからです。しかし、シェイクのような冷たすぎる飲み物にも適していません。人間の腸内で働いていることからもわかるように、乳酸菌は人肌程度のぬくもりの中で、力を発揮するのです。そのため、35〜40度ほどに温めた飲み物に混ぜて飲むことが、特に効果的とされています。